太もも痩せするなら正しい自転車の乗り方で

太もも痩せを考えるなら、ただ闇雲にダイエットをするのではなく、部分痩せについて考えることが必要です。生活習慣でどんなところに筋肉がつくのかは、人によって異なります。

脂肪燃焼効率や、脂肪を適切に燃やして引き締められるようにすることが、太もも痩せに必要です。きれいな太ももにするためには、正しい運動方法を覚えましょう。

太ももを太くしてしまう自転車運動とは

せっかく「太ももを痩せさせようと自転車をこぎ始めたのはいいけれど、なぜか太ももが太くなってしまう」という経験を人から聞いて、自分ではじめることに抵抗を抱く人は少なくありません。なぜ自転車こぎが太ももを太くしてしまうのでしょうか。

その理由として、ある条件や運動のやり方が大きく関係しているといいます。ある条件とは、「坂道や信号の多い道で自転車をこぐことが多い」ことです。車に乗っている方ならご存知でしょうが、車はエンジンをかけて走り出す時が一番エネルギーを使います。

人間の筋肉運動も同じで、大きなエネルギーを使う運動は、こぎはじめるときです。こぎ始める時や上り坂をこぐ時には、大きなエネルギーで筋肉を使うことはご存知でしょう。踏み出す時に一部の筋肉だけを使ってしまいがちとなるため、結果として自転車こぎによって太ももを太くしてしまう恐れが強いです。

また、「つま先でこぐことが多い」人も、太ももを太くしてしまう習慣が身についているといえます。つま先を使ってこぐ場合、太ももやふくらはぎの筋肉を一部だけ使ってこぐことが多い為、他の部分を使わずに一部の筋肉だけ肥大してしまうからです。

更に「ゆっくり長時間こぐ」人も、太ももを太くしてしまいがちなので注意してください。ゆっくりこぐと筋肉に乳酸などがたまりやすくなり、結果として太くなる成分が分泌されやすくなります。


かかとを意識してこぐようにする

太ももを細くしたい人が自転車をこぐ場合、太ももに負荷をかけないように「かかとを使ってこぐ」習慣を身に着けましょう。なぜ自転車をかかとでこぐのか、その理由としてかかとでこぐことにより、普段使わない太ももの裏側の筋肉やお尻の筋肉を優先して使うことができるからです。

ジムに通っている人でインストラクターに指導された経験を持つ人であれば、かかとを優先してこぐことを指導された経験があるでしょう。かかとを使ってこぐことによって、太ももの裏側やお尻の付け根部分を使った筋肉を鍛え上げることができるからです。

また、つま先を使って長時間こぐと一部分にだけ負担がかかってしまい、足を痛める恐れがあります。結果としてかかとを使って積極的に自転車をこぐことはとても理にかなっているからです。また、かかとを使ってこぐことにより、お尻の筋肉も同時に引き締める効果が高いため、ヒップアップにもつながって一石二鳥となります。

太ももを太くしたいなら「意識的にかかとを使ってこぐ」習慣を身に着けてこぎましょう。

股関節を意識して使おう

自転車こぎをためらう人の大半が、「ひざを痛めてしまうのではないか」と思うことです。こぎ方によってはひざを痛めてしまうため、正しいこぎ方をマスターすることをおすすめします。ペダルを踏む時に、「ひざの裏の筋肉を伸ばす」イメージでやっている人はいませんか。

ひざの裏を伸ばして運動をすると、実は太ももが太くなりがちです。というのも、ひざを伸ばすために太ももの前の筋肉を使っているため、「ひざの裏の筋肉を伸ばす」ことは、「太ももを太くする」行動につながってしまいます。

また、関節部分に負担をかけすぎてしまうため、ひざを痛めることも少なくありません。「ひざの裏の筋肉を使わない」こぎ方を意識するためには、お尻の筋肉や「股関節を意識して使う」ことです。股関節を意識して使うことでお尻の筋肉やももの裏側の筋肉を使うことになるため、結果として太もも痩せにつながるでしょう。

普段ペダルを前や下に踏んでこぐ人は少なくありませんが、踏むのではなく、お尻の筋肉を使いやすいよう「後ろに蹴り上げる」イメージでこぐと筋肉の動きを意識しやすいでしょう。

合わせて読む:太もも痩せには正しい歩き方が効く

惰性に任せず自力でもも上げしよう

自転車こぎをしているとき、ペダルをこいだら惰性に任せて太ももをあげていませんか。実はこのわずかな部分に意識を集中することで、太もも痩せができるかどうかが決まります。太ももやせを考えて自転車こぎをしたいなら、ペダルを踏み切ってそのまま惰性で足を上げることはやめましょう。

意識して太ももを引き上げるイメージを持ち、惰性に頼らず意識して太ももを持ち上げるように動かしてください。最初は数分で痛みを感じてしまうかもしれませんが、何回か継続して行うことで、太ももの裏側やお尻の筋肉を鍛えるポイントとなるでしょう。

意識して太ももを持ち上げることで、インナーマッスルといえる「大腰筋」が働きます。この筋肉は骨盤と太ももの付け根をつなぐ筋肉で、鍛えると楽に自転車こぎが出来、太ももやせにつながるでしょう。筋肉痛を感じられる程度に続けることで、次第にふともも上げを無意識で行えるようになります。

継続して太もも上げを続けることが、脂肪を燃焼させて太ももやせにつながる秘訣です。

合わせて読む:太もも痩せを効果的に行うためにはまず筋肉の付け方に気を付けなければならない

自転車こぎの頻度や時間はどれくらいか

どれくらいの頻度で自転車こぎをしたらいいのか、一度にどれくらいの時間こげばいいのかは、体重や体調によって多少前後します。とくに坐骨神経痛を患っている人の場合、医師と相談してから実行してください。エアロバイクの場合には、1回に付き30分、週4回程度行うことが理想的です。

自宅に機械がある人の場合には、負荷を軽めにして継続するといいでしょう。

3ヶ月欠かさず実行することで、太ももがほっそりとしてたるみが減り、筋肉が程よくついた足に変化する人が多いです。足腰に不安を感じている人や、サイクリング途中で倒れてしまわないか不安な人でも、エアロバイクでなら安心して運動できます。

自宅にない場合にはスポーツジムに通って使うことで、インストラクターの指導が受けられ、より効率よく太ももやせが可能です。通勤時に自転車を使っている人なら、通勤時間の間に正しい姿勢で自転車をこぐことで1日の運動量をクリアできるでしょう。

ただし、自転車の負荷や正しい姿勢になるように調節することが、身体に負担をかけずに太ももやせができるコツです。